東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>公立校を選び 磨いた実力 川崎工科・青柳晃洋投手(3年)

力投する川崎工科の青柳晃洋投手=保土ケ谷スタジアムで

写真

 「桐蔭を倒し、公立が勝ち上がってきたのは実力だと証明する」。そんな思いを胸に立ち向かったが、右横手には天敵の左打者をずらりとそろえた桐蔭学園に、七回までに5点を奪われた。

 迎えた八回表。4点差がつき、なお1死二、三塁のピンチ。2日前の川崎北戦などで疲労もピークだったが「二年生(投手)に任せるには荷が重い相手」と、気力を振り絞った。左打者をシンカーで遊ゴロに打ち取り、ホームに突っ込む三走をタッチアウト。最少失点で乗り切り、望みをつないだ。

 中学時代は現・東海大相模の長田竜斗投手(三年)などの陰に隠れ、3番手に甘んじた。「長田たちが強豪私学に行くなら、俺は公立校で、あいつらより有名になる」と、川崎工科に進んだ。

 一年生の秋、生まれて初めてエースナンバーを背負った。球速アップのため、冬場も一日100本のダッシュ。気持ちが悪くなっても、1日7合の白米をかき込んだ。入学時50キロそこそこだった体重が今は70キロ。最速138キロ、6つの変化球を操り、今夏はプロのスカウトからも注目された。

 しかし、試合は2−7の完敗。「自分の力不足」と悔やんだが「高校野球は終わりでも、野球は終わりじゃない。プロを目指していきたい」と、顔を上げた。 (酒井博章)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧