東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>同点へ先陣切る 立花学園・杉田龍正選手(3年)

7回表、先頭打者で三塁打を放ち、ベンチに笑顔を見せる立花学園の杉田龍正選手(3年)

写真

 3点リードされ迎えた七回。先頭打者としてフルカウントまで粘った。「長打は考えていなかった。次につなげようと振り抜いた」。甘く入った変化球をたたくと、白球は左翼手の頭上を越えた。三塁打。ベンチに向かってほえると、後続打者が応え、一気に同点に追いついた。

 長打力には自信があり、二年からレギュラー入り。「からかわれる存在」としてチームをリラックスさせようと心掛けてきた。この日は、そんなキャラクターでなく、好守で試合の雰囲気を変えた。

 六回。三塁守備で、相手打者のヒット性のライナーに飛び付き好捕。「相手が(今年のセンバツ出場の)横浜でも同じ高校生。気持ちを盛り上げれば、勝てる」

 だが、自ら先陣を切って、その横浜に追いついた瞬間、「甲子園を意識してしまった」。味方打線は以後、沈黙。「相手は、最後まで集中していた。その差で負けた」

 野球がうまくなりたいと、静岡県富士市の実家を出て過ごした3年間。甲子園の夢はついえたが、後悔はしていない。「最高の仲間に出会えた。今度はプロを目指す」と涙をぬぐった。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧