東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>春の雪辱果たせず 武相・渡部恭平捕手(2年)

攻守に活躍を見せた武相の渡部恭平捕手=横浜市中区の横浜スタジアムで

写真

 初回、1死一、三塁の好機で巡ってきた打席。2ストライクと追い込まれ、「どんな球でも打つ」と、低めのスライダーを左前に運んだ。三回無死三塁の場面では「初球をたたく」と決め、適時打を放った。

 野球は小学生のころに始めた。アトランタ五輪の代表メンバーだった桑元孝雄監督にあこがれて、武相に入った。チャンスに強く、広角に打てる打力が評価され、入学後すぐにベンチ入り。昨年秋から正捕手になった。

 春の県大会では、先輩投手に遠慮して、うまくリードできず、桐蔭学園に惨敗。この日は4打数3安打と絶好調で、「雪辱戦」となるはずだった。

 しかし、重要な場面で「投手をうまくリードできなかった」。

 延長十二回表、2死二、三塁のピンチ。フルカウントで「四球になってもいい」と、外角ギリギリの変化球を要求。それが読まれ、勝ち越しを許した。

 試合後、先輩たちに「おまえのせいじゃない。来年こそは、甲子園に行ってくれ」と肩をたたかれた。おえつですぐには答えられなかった。「この悔しさは忘れない。約束は絶対に守る」と心に誓った。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧