東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<ヒーロー>投手の心読み決勝弾 桐光学園3年・久保田佳選手

写真

 「思い切り行け」。3−3の同点で迎えた六回裏、1死二塁の好機。野呂雅之監督からそう声を掛けられ、打席に立った。「ここで決めたい」。初球から振って行ったが、桐蔭学園・藤岡雅俊投手の球威に押され、1ボール、2ストライクまで追い込まれた。

 4球目。抜け気味のフォークを思い切りたたいた。「フェンス直撃の二塁打か」と思ったが、走りながら目で追った打球は、そのまま右翼スタンドへ。勝ち越しの2点本塁打。右手を宙へ突き上げた。主軸の一振りでチームのムードは盛り上がり、接戦を制した。

 「藤岡君は、変化球が切れていたので狙っていた」。決め球を打たれると投手は精神的に崩れやすいと考えてのことだ。今春までエースナンバーを付けていた元投手だけに、投手の気持ちは、手に取るように分かる。

 六回まで無安打。監督から「4番なんだからお前が点を取ってこい」とハッパを掛けられていたが、焦りはなかった。「一打席一打席、相手投手の球を見極め、狙いを変え、頭を切り替えて、向かっていた」

 決勝の相手は、秋も春も敗れている横浜。「好機に極めて強い」「ラッキーボーイ」などと監督の絶大な信頼を得る4番打者は、「舞い上がらず、落ち着いて、挑戦者の気持ちで頑張りたい」と気を引き締めた。 (平木友見子)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧