東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・神奈川】

<熱球譜>仲間信じて投げた 横浜創学館・住吉志允選手(3年)

何度もピンチを切り抜ける好投を見せた横浜創学館の住吉志允投手(3年)

写真

 自己流の右横手投げから繰り出される140キロ近い直球と、抜群のキレを持つスライダーは、準々決勝まで相手打線を翻弄(ほんろう)し続けた。

 一年夏でベンチ入りし、二年秋でエースナンバーを背負い、監督の期待を背負ってきた。「あの時は、重圧に耐えきれなかった」。野球は好きだが、プレッシャーで練習に出る気が起きない。そんなジレンマの中で試合に出ると、精彩を欠いた。

 春の県大会ではエースナンバーを失った。一度、挫折したことで、「気軽になった。野球は自分一人でやってるんじゃないと気付いた」。以来、仲間を信頼できるようになった。

 この日も常に笑顔で、リードされても逆転できると信じた。しかし一度だけ、白い歯を見せなくなった。九回裏、2死一塁。前の打者が出塁すれば、自分に打席が回ってくる。「もう少し、好きな野球をやらせてください」と手のひらを合わせて祈った。しかし、再びマウンドに立つことはなかった。

 対戦した横浜は「絶対に倒したい相手だった」とうつむいたが、「良い仲間に巡り合えた」と笑顔に変わった。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新の記事

記事一覧