東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・埼玉】

<熱球譜>シード相手に手応え 秩父3年・井上朋哉投手

写真

 「負けたけど、ここまで戦えて悔いはないです」。シードの立教新座を中盤まで苦しめた秩父のエース井上朋哉投手(三年)は試合後、汗まみれの顔に笑みを浮かべた。

 一度、背番号「1」を脱ぎかけた。「ピッチャーから外してください」。昨秋、児玉昌之監督に頭を下げた。制球難で負ける試合が続き、投手としての自信がなくなっていた。しかし児玉監督は「おまえには素質がある」と頑として受け付けなかった。「エースは井上しかいない」。仲間の声も背中を押した。

 冬場に走り込み、下半身を鍛えた。春はコールド負けの試合が続いたが、投げ続けた。夏前の練習試合にようやく、白星が付いた。

 この日、秩父には勢いがあった。初回、立教新座に先制を許すも、すぐ同点に追いついた。四回、四球が続いて3点を奪われてもその裏、自身が左中間への適時三塁打を放ち2点を返した。「点を取られたのは自分の責任。チームのために打ちたかった」

 新チームの結成以来、今大会前まで公式戦では1勝もしていない。3回戦まで勝ち上がったことに、児玉監督は「くじ運と、不調を乗り越えたエースの力」とほほ笑んだ。

 六回に制球が乱れて降板。試合は12−3でコールド負けした。それでも「シード相手に手応えを感じた」と井上投手。「来年はもっと上までいきますよ」 (増田紗苗)

 

この記事を印刷する

PR情報