東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・埼玉】

<ヒーロー>投手だけのチームじゃない 蕨3年 五十嵐 瑛主将

写真

 熊谷と3−3の同点で迎えた九回表、無死満塁のチャンスで蕨の2番・五十嵐瑛主将(三年)に打席が回った。「何が何でも打つ」。高めに浮いた直球を、迷わず振り抜いた。強烈な当たりが失策を誘って2点を追加。決勝点となり、喜びを爆発させた。

 昨秋の県大会は16強まで進んだが、「勝てたのは投手のおかげ」と上原聡監督は厳しかった。「野手が頑張らなくちゃいけない」と五十嵐主将は昨冬、ひたすらバットを振り続けた。春の県大会は初戦敗退だったが、今大会は初戦で2けた得点を挙げた。

 しかしこの日は、三回に五十嵐主将の二塁打などで3点を先制した後、打線は沈黙。四回、同点に追いつかれたが、エースの原幸輝投手(同)が粘投し、両チームのスコアボードにゼロが並んだ。

 八回終了後、上原監督の檄(げき)が飛んだ。「エースが踏ん張ってるんだぞ」。九回に粘る熊谷を突き放した。「打線を引っ張っていた。今日の五十嵐はでき過ぎだったな」。上原監督が笑ってたたえた。

 4回戦の相手はシード校の鷲宮。五十嵐主将は「もう投手だけのチームとは言わせない。4強を目指します」と、番狂わせを誓った。 (増田紗苗)

 

この記事を印刷する

PR情報