東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・埼玉】

埼玉栄、市立川越が姿消す

 第93回全国高校野球選手権埼玉大会は二十一日、さいたま市の県営大宮公園球場など3球場で4回戦8試合があり、昨夏代表の本庄一が延長戦の末、3−2でシードの市立川越にサヨナラ勝ちした。

 本庄一は2−2で迎えた十回2死二塁、4番〓(はせ)涼介三塁手(二年)が左越え適時打を放ち、試合を決めた。

 春の選抜出場の浦和学院は武蔵越生と対戦。先制を許したが、三回に一挙4点を加えて4−2で逆転勝ち。シードの埼玉栄は秀明英光に2−5で敗れた。

 この日で16強が出そろい、二十二日は3球場で5回戦8試合がある。 (増田沙苗)

※〓は、米へん、右に剥の左

 

この記事を印刷する

PR情報