東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・埼玉】

<熱球譜>いつか兄超える選手に 鷲宮3年 増渕雅也投手

写真

 高く上がった打球が相手野手のグラブに吸い込まれるのを、鷲宮のエース左腕、増渕雅也投手(三年)はネクストバッターズサークルでぼうぜんと眺めていた。プロ野球東京ヤクルトで活躍する兄の増渕竜義投手は五年前、鷲宮のエースとして県大会準優勝。試合後、「追いつけなかった」とつぶやいた。

 三回まで無安打5奪三振と、完璧な立ち上がりだった。しかし四回、突如ボールが乱れ3失点。左中指の皮がめくれ、変化球が決まらなくなった。

 兄の背中を追い、小学三年で野球を始めた。今大会が始まって連絡を取っていなかったが、この日朝、兄から「絶対に負けんじゃねーぞ」とメールが。勝利の報告をしたかったが、六回にも2点を失い、無念の降板となった。

 「兄ちゃんの存在は大きすぎる」と言うが、夢は「兄を超える選手になること」。今後は社会人で実力を磨き、いつか兄と同じプロのマウンドに立つことを誓った。 (増田紗苗)

 

この記事を印刷する

PR情報