東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・埼玉】

<熱球譜>「涙は流さない」 最後まで笑顔貫く 秀明英光3年・赤尾俊輝主将

写真

 試合が終わっても、笑顔は消えなかった。創部以来初の夏の8強入りを果たし、強豪浦和学院に挑んだ秀明英光の赤尾俊輝主将(三年)。「涙は絶対に流さない」。そう心に決めて臨んだ大会だった。

 涙がかれるほど泣いた試合があった。春の県大会初戦の桶川戦。同点に追いついた直後、失策が重なって敗退した。「もうこんなに悔しい思いはしたくない」。試合後すぐ、仲間を集めてミーティングを開いた。泣きながら、試合の反省点や日ごろの練習態度などを話し合った。

 チームの変化は、試合に表れた。捕れないと分かっている邪飛にも全力で飛び付き、選手全員が笑顔で野球を楽しむようになった。今大会もひた向きな粘りの野球で、シード校を退けてきた。

 この日、7点差で迎えた七回、秀明英光の粘りが出た。「史上最大の逆襲を始めるぞ」。秋山剛一監督の掛け声に選手たちが奮起。2死から連続安打などで満塁とし、3番・赤尾主将が冷静に四球を選んで押し出しの追加点。コールド負けの危機を脱し、「よっしゃー」と喜びを爆発させた。

 試合は敗れたが、「最高の仲間と最後まで野球を楽しめた」。涙をこらえながら、とびきりの笑顔を浮かべていた。 

  (増田紗苗)

 

この記事を印刷する

PR情報