東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・埼玉】

<熱球譜>笑顔で「弱小」返上 本庄一3年・岡野将悟主将

写真

 「監督に怒られるのもあとちょっと。笑顔でやろう」。4点を追う六回直前、本庄一の捕手、岡野将悟主将(三年)がチームを集め、大声を張り上げた。選手たちから笑いがこぼれ、「まだまだこれから」と声が上がった。

 昨夏は甲子園に出場したが、今春の県大会は地区予選で大敗。須長三郎監督は「史上最低の代」と選手たちに厳しい言葉を投げ掛けてきた。「原点に戻ろう」と岡野主将は練習や試合で誰よりも声を出し、笑顔でチームを引っ張った。

 しかし今大会の一カ月前、須長監督に外野を守るよう命じられた。悔しかったがチームを盛り上げ、須長監督が「正念場の試合。岡野に託したかった」という5回戦の鷲宮戦で捕手に戻った。

 5試合すべてを逆転で勝ち上がり、迎えた準決勝。4点を追う六回一死二、三塁で打順が回ってきた。最大のヤマ場でも、バッターボックスに笑顔で入り、しぶとく右前に運んで1点を返した。「これが俺たちの野球だ」。塁上でベンチに向かって、大きくこぶしを突き上げた。

 「監督には駄目と言われたけど、やれることを証明できた」と岡野主将。「岡野の姿勢で粘り勝ちしてきた。弱小チームがここまで来られたのはでき過ぎ」。二年連続の甲子園出場は逃したが、須長監督の目に涙が浮かんだ。 (増田紗苗)

 

この記事を印刷する

PR情報