東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・埼玉】

<熱球譜>チーム支えたエース 春日部共栄3年 竹崎裕麻投手

写真

 試合が終わった瞬間、ネクストバッターズサークルで春日部共栄のエース竹崎裕麻投手(3年)が顔をぬぐうと、涙があふれ出した。5回戦からの4試合、1人でマウンドを守ったが、あと一歩で甲子園に届かなかった。

 入学当初から、本多利治監督に軟式野球で中学の日本代表に選ばれた技術の高さを買われ、「チームを支えるエースになれ」と託された。昨秋、エースナンバーを背負ったが、秋季関東大会は2回戦で逆転負けし、春の選抜出場を逃した。悔しさをばねに、冬は走り込みとウエートトレーニングで体を作り、1年の時より体重は4キロ増加。球が重くなった。

 好調で迎えた今大会。この日も、4回まで花咲徳栄打線を1安打に封じた。5回に2点を失ったが、6回以降は「仲間が守ってくれる」と信じたとおり、2度の併殺も含め、持ち直した。

 本多監督は「このチームは、竹崎チーム。ほめてあげたい」と手放しでたたえた。仲間に促され、準優勝の賞状を受け取り、「このチームで野球ができてよかった。全力を出せたし、悔いはない」。涙は消え、すがすがしい笑顔を見せた。 (池田宏之)

 

この記事を印刷する

PR情報