東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・栃木】

<熱球譜>あと1死 星スルリ 稲葉 優太投手(上三川2年)

宇都宮北−上三川130キロ台の速球と切れのある変化球で好投する上三川・稲葉投手=鹿沼球場で

写真

 3−2と1点リードで迎えた九回表2死三塁。打者をつまらせピッチャーゴロに打ち取ったかに思えたが、一塁への送球がそれ、同点に。一度は手にしかけた“勝利”は二度と戻ってこなかった−。

 昨年秋、入江智宏監督がボールの切れの良さに目を付け、エースに抜てき。三年生が5人と少ない中で、中心選手としてチームを引っ張ってきた。「表情にプライドが出てきた」(入江監督)と頼もしさも出てきていた。

 この日の相手は格上の宇都宮北。サイドスローから繰り出す130キロ台の速球に変化球を織り交ぜ、11三振を奪った。入江監督は「こちらの思惑通り、ロースコアに持ち込んでくれた」と二年生エースの頑張りをたたえた。それでも稲葉選手は試合終了後、「あのミスで負けたようなもの。本当に申し訳ない」と自分を責めた。

 応援団へのあいさつで頭を下げると、先輩たちはそのまま膝をついて泣き崩れた。「あの姿は一生忘れない」。来年夏までの1年間、苦しいときはこの日の先輩たちの姿を思い浮かべながら乗り越えていこうと思っている。 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報