東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・栃木】

<熱球譜>快感だったミット音 矢板中央3年・関谷竜生捕手

福田投手の剛速球を受け続けてきた関谷捕手=栃木球場で

写真

 エース福田龍太投手が投げたショートバウンドのボールを体を張って止める。「絶対に後ろにはそらさない。安心して投げてこい」。そう言うかのような笑顔を見せて、返球した。

 この日、福田投手は制球が定まらず、ボールが先行。甘く入ったところを佐野日大打線に打たれ、13安打を許し6点を失った。「相手の力が上だっただけ」。潔く負けを認め、さわやかな笑顔を見せた。

 一年生の秋に肩を壊し、昨年春から秋までの大会は外野手として出場。しかし、福田投手から「やっぱり竜生がいい。おまえが受けてくれないか」と言われた。小学生の時からずっと捕手。「みんなが信頼してくれるなら頑張ってみる」と再びキャッチャーミットを握った。

 福田投手の剛速球がミットに収まる「バシンッ」という音がずっと快感だった。打者が空振りするたびに、「どんなもんだ」と心の中でつぶやいた。「こんなピッチャーと巡り合えて幸せだ」とつくづく思う。そんな福田投手との関係も、この日が最後。「甲子園で龍太の球を受けるのが僕の夢でした」と話し、名残惜しそうにしびれたままの左手に視線を落とした。 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報