東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・栃木】

<熱球譜>好守支えた後輩の100本ノック 茂木3年 高橋 拓海選手

三塁の守備に就く高橋選手。後輩のノックのおかげで好プレーができた=県営球場で

写真

 「おれの所に打ってこい。全部取ってやる」。痛烈な打球が三塁線を何度襲っても、強い気持ちで立ち向かった。好プレーで相手のチャンスを阻み、攻撃では2安打2盗塁の活躍。格上の国学院栃木相手に一人気を吐いた。

 昨秋の県大会まで外野を守っていた。フットワークの良さが監督の目に留まり、サードに守備位置を変更。右打者の強い打球が飛んでくるポジションにやりがいを感じた。

 六月の練習試合で失点につながるエラーをし、それ以降毎日、チーム練習が終わった後、後輩に100本のノックを打ってもらうようにした。疲れ切っているはずの後輩は嫌な顔一つせず、快く応じてくれた。

 この日、六回表無死一塁の場面で、快音とともに三塁線上にライナーが飛んだ。抜ければ追加点となる打球を鮮やかにダイビングキャッチし、ピンチを防いだ。試合後、「後輩のおかげで良いプレーができた」と感謝。でも、ノックを受ける機会はもう来ない。「ここで終わるのはやっぱりさみしい」。こう言葉を絞り出し、土で真っ黒になったユニホームを名残惜しそうに見つめた。 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報