東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・栃木】

<熱球譜>背番号「1」 大役果たす 小宮山 将投手(宇都宮工3年)

チームのことを考えてマウンドを守った宇都宮工・小宮山投手=県営球場で

写真

 「このまま最後まで投げたいな」。直球と変化球が面白いように低めに決まるたび、そう心の中でつぶやいた。五回途中まで無安打に抑える完璧な投球。しかし六回、1死一、二塁のピンチを迎えるとリリーフを送られた。

 もともと投手だったが、昨秋の県大会は「他にショートを任せられる選手がいなかった」(小野幸宏監督)ためポジションを変更。チーム事情を優先させ、マウンドへの思いは抑え込んだ。他の選手がショートを守るようになった春の県大会は背番号「10」で投手に復帰。必死に練習して迎えた最後の夏、ずっと背負いたかった「1」を勝ち取った。

 この日はベストピッチングといってもいい内容。気力も体力もまだ十分だったが、嫌な顔一つ見せず「後は頼むな」とマウンドを降りた。

 試合後、仲間が泣きじゃくる中で、込み上げてくるものを必死にこらえた。白い歯を見せ、「一人ぐらい笑顔で背中をたたく人間がいないといけないと思って」。部員数103人の大所帯。チームの要の背番号「1」は最後の最後まで、自分よりチームのことを考えた。 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報