東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・栃木】

<熱球譜>貫いた信念 最後は自信に 綱川雄太投手(宇都宮南3年)

ベンチやスタンドの声援を受けて力投する綱川投手=県営球場で

写真

 ベンチやスタンドから届く声援が、「抑えてやる」という気持ちを後押ししてくれた。140キロ台の直球がびしびし決まり、それまで快音を響かせていた作新学院打線を沈黙させた。

 「人に尽くした分は、必ず最後は自分に返ってくる」。篠崎淳監督が常々口にする言葉を信じ、生活全般にわたって自分を律した三年間だった。部室や家が散らかっていれば率先して整理整頓。「いい球を投げるだけがエースではない」との信念を抱き続けてきた。

 この日は、先発桐原優磨投手が打ち込まれた六回途中にマウンドへ。2死二塁から四球を与えると、4連続四死球で3点を奪われた初戦の悪夢がよみがえった。

 「また乱れるかも」と不安が頭をもたげた時、ベンチから声が聞こえた。「いい球いってるぞ」「お前なら大丈夫だ」。スタンドには家族や友人、中学時代の恩師もいる。「こんなに応援してくれる人がいる」と思うと気持ちが落ち着き、七回以降は強打の作新打線相手に二塁すら踏ませない好投。声援が力に変わるのを感じ、監督が言っていたことが分かったような気がした。

 準決勝への切符は手にできなかったが、試合の終盤にゼロが並んだスコアボードを目に焼き付けながら思った。「自分のやってきたことは正しかったんだ」 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報