東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・栃木】

<熱球譜>再試合 宇商制した 2人の「エース」 森泉 廉 投手(国学院栃木3年)

新ケ江投手に負けじと全力投球する森泉投手=県営球場で

写真

 「今日はあいつを休ませてやろう。絶対に抑えてやる」。そんな思いで、新ケ江投手が前日奮闘したマウンドに登った。

 小中学校時代はずっとエース。高校では、いつも一歩前に新ケ江投手がいた。その背中を目標に、きつい練習に耐えた。互いに高め合って自分たちの代を迎えると、「左の新ケ江に右の森泉のダブルエース」と称されるまでに。背番号「1」は譲ったが、マウンドでは「俺が一番」という気持ちで投げ続けた。

 延長十五回引き分け再試合が決まった瞬間、「明日は俺の番だ」と心の準備をした。長沼雅一監督に先発を告げられると、めらめらと燃えてくるものを感じた。最速141キロの直球も制球力も十分な手応え。しかし三回、自慢の直球が打ち込まれ交代。「もっと投げたい。でも、勝つためには新ケ江の方がいい」と複雑な思いを抱えながらマウンドを降りた。

 試合終了後にひとしきり泣いた後、新ケ江投手に「ごめん」と「ありがとう」を言った。ピンチでマウンドを託した申し訳なさと、自分がここまで成長できた感謝の気持ちを込めて。そして肩を組みながら、2人でまた涙を流した。 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報