東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

[展望]Dブロック 東海大高輪台を軸に

 春の都大会準優勝の東海大高輪台を軸に展開しそうだ。投手力のあるチームがそろい、締まったゲームが予想される。

 高輪台の2年生エース佐藤洋叡(ようえい)投手は、140キロを超える直球に加え、変化球でもカウントをとれる。3年生の井上凌太投手も、スピードと球のキレで勝負する。

 念願の夏の大会制覇に向けては、大会序盤で昨夏8強入りした朋優学院、昨年東京選抜に選ばれた中村祐輝投手を擁する都足立西との対戦が予想され、気の抜けない戦いが続くとみられる。打線が鍵となりそうだ。

 ノーシードながら岩倉は、多彩な球種を持つ金城直人投手、角度のあるスライダーが武器の秋月健太投手ら投手陣が安定。竹中成選手、関本鉄也選手ら中軸に力があり、上位進出をうかがう。

 どこからでも得点できる日体荏原、計算がたつ3人の投手をそろえた都文京、総合力のある都足立新田などにもチャンスはありそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報