東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

[展望]Bブロック 都雪谷など混戦模様

 飛び抜けたチームがなく、シード校の都雪谷、正則学園、ノーシードながら注目の国士舘など混戦模様となっている。

 都立の強豪・都雪谷は、捕手で4番の田中博選手が打つとチームが勢いづく。打たせてとる桑原佑介、山下隼平の両投手が、リズムに乗って術中にはめたい。国士舘は、リードオフマン山森友樹選手をはじめ足の速い選手をそろえ、伝統の機動力野球が健在。西川直人投手は185センチの長身から投げ下ろす角度のあるボールが持ち味だ。両チームが勝ち上がっていけば5回戦で激突する。ともに夏の戦い方を知るだけに好ゲームとなりそうだ。

 正則学園は、勝負強い打撃の生沼亮選手を筆頭に、打線につながりがある。大川修宏投手、厚地祐来投手ら投手陣がいいリズムをつくって攻撃につなげたい。

 2年生レギュラーが多く若いチームの都江戸川など、虎視眈々(たんたん)とチャンスをうかがう学校も多い。

 

この記事を印刷する

PR情報