東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

[展望]Aブロック V候補、帝京がリード

 春の都大会を制した帝京がリードする。攻守にバランスがとれ、今大会も優勝候補の呼び声高い。

 昨夏の甲子園では2回戦でまさかの最終回逆転負け、借りを返すべく2年連続出場に燃える帝京。昨年の甲子園でも投げた渡辺隆太郎投手は、左腕から繰り出す重い球質の球で、打者に力勝負を挑む。左の石倉嵩也(しゅうや)投手、右の木部拓実投手も力があり、投手陣は大崩れしない。打線も左打者を並べ、長打に機動力とソツはなく、優位は動かない。

 打倒帝京にまず挑むのは、春夏7回甲子園出場を果たしている古豪修徳が有力だ。エース野村侑司投手は、武器のスライダーなどを丁寧にコーナーに投げ分ける。2年生レギュラーが多く、1、2回戦で勢いをつけ、ロースコアの勝負に持ち込みたい。

 走力が高く、強肩の野手をそろえた駒大高、中軸打者に長打力のある都城東、爆発力をひめた城西大城西などが、これに続くとみられる。

<注目の選手>「科学の甲子園」文武両道を体現 筑波大駒場・加藤雄大選手

腰を落としてノックのボールを処理する加藤雄大選手=世田谷区で

写真

 「もう一丁!」。大声でノックを呼び込む筑波大駒場(世田谷区)三年の一塁手加藤雄大選手(17)は「甲子園」出場の経験がある。甲子園球場のおひざ元の兵庫県西宮市で三月に開かれた「科学の甲子園」全国大会に、都代表の同校メンバーで出場した。

 理科の中でも特に化学は、全国有数の進学校の同校でもトップクラス。大会では「チームのまとまりがなかった」と苦笑いしながら、全国48チーム中、堂々の4位。文武両道を体現する。

 科学の甲子園前には合宿などがあり、「チームに迷惑をかける」と二足のわらじに悩んだ。「高校生の間にしかできないことなので後悔しないよう、わがままをきいてもらいました」。仲間への感謝は声を出し、球に食らい付くことで返す。

 チームで二年生が多い内野をまとめる。「まじめで熱心。主将を支える参謀的存在」と宮崎大輔監督(39)の信頼は厚い。課題の打撃も上り調子といい、「本番で爆発してほしい」と期待する。

 チームは4年ぶりの夏勝利、自身はノーエラーが目標だ。その先には、七月に米国で行われる国際コンテスト「国際化学五輪」に日本代表として出場が控える。熱い戦いの夏が幕を開ける。

 

この記事を印刷する

PR情報