東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

<熱球譜>三塁コーチでチーム盛り上げ 八丈3年・西浜健太選手

走者に指示を出す西浜健太三塁ベースコーチ=府中市民球場で

写真

 わき上がる喜びを抑えられない。試合終了の瞬間、真っ先にベンチを飛び出し、二年生エースの奥山大地投手らと抱き合う。「続けてきてよかった」。現チームでの公式戦初勝利。興奮で顔が上気した。

 自身が語る持ち味は「元気と守備」。佐々木優監督は「ひた向きさ」と評す。三年生4人の中で唯一、公式戦の出場経験がなかった。野球を続けるか迷った時もある。「勝って仲間と喜びを分かち合いたい」。その気持ちに支えられた。

 三塁コーチとして、156センチの小柄な体から大声で打者を鼓舞し、走者に指示を与え続けた。この日、公式戦で初めて打席に立つ。緊張で硬くなった体は「山本(雅道主将)のデコピンで落ち着きました」。結果は四球。得点につながらなかったが、チームも自身の士気も上がる。そして、念願の勝利に喜びが爆発した。

 「高校野球は精神面を強くしてくれた。信頼できる仲間たちと、一日でも長い夏にしたい」。そのために次の試合も声を出そう。汗をぬぐい、前を見据えた。

  (鈴木学)

 

この記事を印刷する

PR情報