東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

<熱球譜>1年生2人に「ありがとう」 京北3年・清水信洋投手

京北−上野学園 力投する京北・清水投手=昭島市民球場で

写真

 「自分が試合をつくらないと、という意識が強すぎた」。背番号1からは反省の弁が口をついた。

 チームの部員は8人。系列の京北白山から一年生2人を借りる形で出場にこぎ着けた。京北白山とは校舎が一緒。練習も一緒にしている。「連係も問題ない。相手に負けない練習はしてきたつもりだけど、雰囲気にのまれてしまった」

 相手が強いのは分かっていた。が、こういうチームだからこそ、勝ちたい気持ちも強かった。思いとは裏腹にコントロールが定まらず、高めに浮いた球を痛打された。

 気持ちは、加わった2人にも伝わっていた。その1人、北修造選手は「最後まで声を出し、ハツラツとプレーした先輩たちの姿を見習っていきたい」と熱く語った。

 堀口雅司監督は「この経験で助け合うことを学んだと思う」と語る。エースの顔も沈んでいなかった。

 「2人には複雑な思いもあったと思うけど、十分戦力になってくれた」とねぎらった上で言う。「照れくさいけど、ありがとうを言いたい」 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

PR情報