東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

<熱球譜>宿敵リベンジ「来年こそ」 修徳2年・山下竜治捕手

3回表修徳無死、左越え本塁打を放ち笑顔で塁を回る山下捕手=神宮球場で

写真

 同点の九回裏2死二塁。帝京4番の渡辺隆太郎選手を、要求通りの外角直球で詰まらせた。「打ち取った」。そう思えた打球だったが、センター前にポトリ。返球を待つ自分の傍らを、サヨナラの走者が駆け抜けた。

 ノーヒットノーランを喫した昨夏の準々決勝の相手も帝京。屈辱の結果に打撃を磨く。1日500〜1000回バットを振りこむチームの猛練習に食らい付き、宿敵と再びまみえた。

 強打の帝京打線に強気の内角攻めも交え、先輩・野村侑司投手を好リード。自身の本塁打で試合の主導権を握る。一度は逆転されたが、土壇場で再逆転打を放った。理想的な展開。勝利をぐっとたぐり寄せていた。

 悪夢のようなサヨナラ負けに「自分の配球で…先輩たちに申し訳ない…」と自身を責める。しかし、野村投手は「冷静に自分の力を最大限に引き出してくれた」とたたえた。

 岩谷淳主将から「任せたぞ」とリベンジを託された。何が足りなかったのか。重い宿題に答えを見つけて補い、「来年こそは帝京を倒して甲子園に」。悔しさのにじむまなざしに光が宿る。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

PR情報