東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

シード帝京 初戦飾る 修徳に逆転サヨナラ勝ち

 第94回全国高校野球選手権大会は十三日、東東京大会の2、3回戦15試合、西東京大会の2回戦16試合が神宮球場などで開かれ、シード校の帝京などが勝ち進んだ。

 東大会では、夏連覇を目指す帝京が修徳に逆転サヨナラ勝ちし、初戦を飾った。シード校の東海大高輪台は粘る朋優学院を5−4で振り切った。西大会では日大鶴ケ丘がコールド発進。早実はシード校の工学院大付に8−7で延長サヨナラ勝ちを収めた。東亜学園、東海大菅生、日大三も3回戦に駒を進めた。

 

この記事を印刷する

PR情報