東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

<熱球譜>仲間と紡いだスコアブック 都市大高3年 後藤瞭介選手

3回裏のピンチに伝令として声をかける後藤選手=神宮球場で

写真

 18点差を追う五回表、代打で今大会初の打席に向かった。試合で結果を出せずに気持ちが折れかけた時、200本以上の素振りをして、自らを奮い立たせてきた日々を思い出した。「今までのすべてをぶつけろ」。4番の柴山林太郎選手に続いて、ほかの仲間も口々に声をかけてくれた。

 バットを握る手に力が入る。点差は関係ない。塁に出る。3球目、内角寄りのベルトの高さに来た直球を強振。球威に押されショートゴロだったが、全力でベースを駆け抜けた。

 「情でなく打てると思って起用した。一塁までの全力疾走、ベンチに戻ってくる時も全力疾走。大切な姿を見せてくれた」。長島由典監督はたたえた。

 帝京は確かに強かったが、「ここまでの2勝を誇りにしたい」と胸を張った。今大会はスコアラーを務めていた。仲間と苦楽をともにしてきた時間、その記録のスコアブックは「宝物」と話す。

 試合が終わると、スコアブックは書きかけのまま集合した。書き入れたら自分の高校野球が終わる。寂しさがあった。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

PR情報