東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

<熱球譜>「気持ちが空回り」 谷恭 輔選手(駒大高3年)

9回裏駒大高1死、代打としてバッターボックスに向かう谷選手=神宮球場で

写真

 九回1死走者なし。新井塁監督から声がかかった。「谷、行くぞ!」。ベンチ裏での素振りで準備はできていた。帝京相手に踏ん張って投げてきた竹内祐太投手をはじめ、チームのために打つ。「初球から思い切りいこう」と打席に向かった。

 勝負を決める代打の切り札が、今大会での役割だった。1回戦は走者一掃の三塁打、5回戦では決勝点の犠飛を放った。もちろん先発で出たい。しかし、ベンチ入りできなかったメンバーもいるのに、くよくよしてはいられない。

 打席に立つと、この3年間が頭をよぎった。仲間とともにやり切った冬の走り込み、食事の量を増やし体を大きくした努力。加えてホームランを狙う意識もあった。いつも集中して立つ打席で、いろんなことを考えてしまった。初球、二球目、三球目。思い切りスイングしたが、バットは空を切った。

 「帝京に勝ちたい思いが強すぎたのか気持ちが空回りした」。本領を発揮できなかった切り札の目に涙があふれた。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

PR情報