東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・東東京】

<熱球譜>直球勝負エースの誇り 鈴木 誠也投手(二松学舎大付3年)

先発し力投を見せる二松学舎大付・鈴木投手=神宮球場で

写真

 三振をとって切り抜けてほしい。1点リードの八回裏、1死一、三塁のピンチ。再びマウンドを託された意味は、言われなくても分かっている。

 「おまえにこの試合をやる」

 立ち上がりの4四球の乱調で二回途中から左翼に回った。グラブを替えに帰ったベンチ前で、市原勝人監督の檄(げき)にあらためて気合が入る。

 直球は140キロ台後半。力で押すだけの投球から、テンポよく打たせてとることも覚え、打撃にも非凡さを見せる。プロ注目の選手であり、自身もプロ志望だ。

 球はまだ高いが、コントロールは気にしない。気持ちで投げる。最も自信のある直球を。吉田翔捕手にも通じていた。

 打席の谷岡竜平投手も粘る。8球目。魂を込めたボールははじき返され、左翼線に落ちた。失策も重なり逆転を許す。

 「誠也で負けたらしようがない」。市原監督もナインも口をそろえる。エースの誇りをかけた真っ向勝負。打たれて悔しいけれど「悔いはない」。頭を上げ、泣いてかすれた声で言い切った。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

PR情報