東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

103校きょう熱戦開幕 水戸市民で鬼怒商−波崎

 甲子園を目指して103校が出場する第94回全国高校野球選手権茨城大会は七日、水戸市民球場で開幕する。開会式は同球場で午前九時から。鉾田一の木内寿彦主将が選手宣誓し午前十一時十分から開幕戦の鬼怒商−波崎で熱戦の火ぶたが切られる。予定通り進めば二十六日午前十時から水戸市民球場で決勝。

 今大会は春の県大会で優勝した水戸商、昨秋と春の県大会連続準優勝の下妻二、秋の県大会を制した常総学院を中心に実力が拮抗(きっこう)し、シード校以外にも力のあるチームが複数あり、混戦模様。

 会場は水戸市民球場のほか日立市民球場、土浦市営球場、笠間市民球場、常陸大宮市民球場の5球場。入場料は一般500円、高校生は学生証提示で無料。小中学生は無料。

 開会式と凖決勝の2日間は混雑回避のためケーズデンキスタジアム水戸に臨時駐車場を設け、駐車場から水戸市民球場近くの水戸桜ノ牧高校前まで無料シャトルバスを運行する。運行は開会式の日は午前七時から、準決勝の日は午前八時からで、ともに試合終了一時間後まで約十五分間隔。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報