東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

延長13回 小瀬決めた

日立北−小瀬 延長13回裏、サヨナラで本塁にかえった小瀬・堀江俊選手(左から3人目)に駆け寄るナイン=日立市民球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権茨城大会は10日、水戸市民球場など5球場で1回戦10試合があった。8試合がコールドで、うち3試合が相手を完封する一方的な展開。残り2試合は白熱した延長戦となった。 (小沢慧一)

 水戸葵陵は友部から30点を奪い、長島龍、大貫翼両投手が零封リレーで五回コールド勝ち。水戸工も生田目翼投手と立松世也(せいや)投手の継投で鉾田二を無失点に抑えて八回コールド。

 一方、小瀬は延長十三回裏、横倉和雅選手が適時二塁打で試合を決めた。茨城キリストは延長十回表に2点を追加。しかし、その裏に1点を返され、さらに満塁の危機を迎えたが中野隼人投手の3奪三振で逃げ切った。

 

この記事を印刷する

PR情報