東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

<熱球譜>父に学んだ「あきらめない心」 石下紫峰・落合辰徳主将(3年)

写真

 6点を追う八回も2死一、三塁と敗色ムード。放った打球は三塁前に。誰もがアウトだと思った瞬間、三塁手が悪送球。そのすきに三走がかえり、1点を取った。「最後まであきらめないで走った結果だ」

 名字は日本球界を代表する名監督落合博満さん(元中日)と同じ。父は、同じく名選手の原辰徳監督(巨人)のように本塁打を打てる選手になってほしいと「辰徳」と付けた。

 父は学童野球の監督。野球熱心で、小学生のころは同じチームの監督として厳しく指導を受けた。高校に入るまでは打撃フォームなどをアドバイスしてくれた。高校では練習を見学し、監督の熱心な指導に「これなら預けられる」と信頼し、それ以来、あえて何も言われない。

 父から教えられたことは最後まであきらめない心。アウトになりそうでも、全力で走り抜く。野球を始めたころから何度も言われた。

 落合選手の好走に父は「ここまできたら、泥まみれでやってほしい」と期待を託した。しかし攻撃はそこで断ち切れ、迫りきれなかった。

 家に帰ったら父に伝えたい。「今まで野球をやらせてくれてありがとう」 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報