東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

<熱球譜>自信の振り悔いなし 茨城キリスト・吉成大樹捕手(3年)

写真

 2点を追う九回表2死一、二塁。打席に入ると応援席から「ヨシナリ、ヨシナリ」の大合唱。「もう一発やってやる」と高めの直球を思い切り打ったが、右飛に終わった。

 春までは「打てればいいかな」と消極的で好機にも弱かった。しかし、春の地区代表戦で4打数4安打。試合には負けたが大きな自信になった。これを機に走者が得点圏にいても硬くならず、積極的になった。練習後も自宅で毎日最低300回の素振りをした。

 中田裕二監督は「最後にあいつで打てなければ仕方ないという思いがチームにある」と絶対の信頼を置く。

 1回戦では同点で迎えた延長十回、勝ち越しとなる適時二塁打で期待に応えた。2回戦も六回に「いけるだろう」と力を抜いた打球は外野へ飛び、同点に追いつく適時二塁打。相手の本塁打で再び2点差となった最終回は「勝ちたいという思いが強く少し力んでしまった」と振り返った。それでも最後に「自信を持って振り抜いたので悔いはない」と胸を張った。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報