東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

<熱球譜>「打倒藤代」一歩及ばず 伊奈・3年 宮良彰人投手

写真

 「打倒藤代」。昨年覇者の藤代を七回まで無得点に抑えた。しかし、八回裏無死二塁、ランニング本塁打を浴び2点を失った。「あの一球だけは…」と試合後、悔しさをにじませた。

 藤代には小学校の時バッテリーを組んでいた選手もいた。昨年は甲子園の舞台に立つ昔のチームメートをテレビで見て闘志を燃やした。

 秋以降パワーを付けようと自分なりに工夫し「肉体改造」を図った。授業後、練習前におにぎりを4つ食べ、夕食にはゆっくり1時間をかけた。これらが奏功してか体重が10キロ増え、球威やスライダーのキレが見違えるようによくなったという。

 藤代とは春の大会でも対戦。0−0で迎えた八回、1点を奪われ接戦に敗れた。もう一歩だっただけに、それからは「藤代を倒すしか頭になかった」。

 初戦は九回投げ1安打で完封して勝ち上がった。この日も流れに乗り、序盤は好調。初めに飛ばしすぎたのか中盤からひじが痛み出した。気持ちで投げていた。

 運命の八回、球威が落ちたのを自分でも感じていた。相手の読みを外して投げたつもりのスライダー。相手はそれを待っていた。「スライダーに逃げたことが悔しい」

 整列後、藤代の選手らに「頑張れよ」と笑顔で声をかけた。勝ち気な投手は、最後は相手をたたえた。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報