東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

<熱球譜>双子の兄と それぞれの道へ 取手一・佐藤裕介選手(3年)

佐藤裕介選手(右)と啓介主将

写真

 「楽に行けよ」。双子の兄で主将の啓介選手が打席に向かうと、ベンチから一声かけた。責任感が強い兄は大事な場面でいつも硬くなるからだ。

 一卵性双生児で顔がそっくり。幼いころから色違いの同じ服、2段ベッドの同じ部屋で、話す内容も似ていた。小学四年で一緒に野球を始め、2人で4番を争った。しかし、中学三年ごろから少しずつプレーに差がつき、高校では兄が先に背番号をもらった。兄をライバル視していただけに悔しかった。

 一方、比べることで自分の長所も見えてきた。力で押す打撃の兄と違い、単打でも確実にバットに当てるのが得意なことに気付いた。自分らしさを生かして技術を磨き、試合に出られるようになったが最後の試合は先発に選ばれなかった。

 1点差に追いついた八回表2死二塁の好機。兄はボールを見極めて四球で出塁した。堂々と打席に立つ姿に「気持ちが強くなったな」。野球ではかなわないと感じた。

 「兄より勉強が得意」と話す裕介選手。これからも野球を続ける意向の兄に対し、弟は勉強して建築士を目指す。今大会後、それぞれの道を歩み始める。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報