東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

下妻二 接戦で涙 ベスト16出そろう

水戸工−土浦一 4回表水戸工2死一、三塁、羽根石智也選手の適時打で本塁にかえる生田目翼選手(右)=笠間市民球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権茨城大会は十九日、水戸市民球場などで3回戦の残り8試合があり、ベスト16が出そろった。二十日は調整日で試合がなく、二十一日に水戸市民球場など3球場で4回戦8試合が行われる。

 昨秋と今春の県大会で準優勝し、優勝候補の一つだった下妻二は科技日立に3−2で負け、姿を消した。下妻二は県内屈指の左腕諏訪洸投手がリードされた五回途中から登板したが1点を失い、流れを変えられなかった。常総学院は伊藤侃嗣投手が1安打無失点で七回コールド勝ち。昨年覇者の藤代は終盤に4点を奪い、逆転サヨナラ勝ち。竜ケ崎一は九回に3点を奪って同点。延長十回に犠飛でサヨナラ勝ちを収めた。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報