東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

<熱球譜>勝ちへの執念決め球に 藤代・斉藤勇希投手(3年)

写真

 「もう一度甲子園に行くんだ」。同点のまま迎えた九回1死二、三塁のピンチで再登板。頼みのスライダーは犠飛となり、勝ち越し点を奪われた。

 昨夏は右翼手として甲子園に出場し、初戦敗退。新チームで主戦として「甲子園で勝つ」と誓った。甲子園で気付いたのは、全国で勝てるチームは一つ強力な武器を持っていること。自分は自信があったスライダーをさらに磨き、最大の武器にすることにした。監督に付きっきりでフォームを見てもらい、どの角度で投げれば一番キレがあるかを探った。

 今大会は完成させたスライダーで何度もピンチを切り抜けた。この日は向かっていき、六回まで無失点、「完封を狙ってやる」。

 しかし、七回に常総打線に捕まり3失点。八回途中に一度マウンドを降りた。「連投の疲れもあり、球威が落ちていた」と監督。それでも九回のピンチは、主戦に託したが、勢いを止められず最後は継投した二年生らが締めた。号泣しつつも、「この一年で自分も下級生も成長した。来年は甲子園に行ってほしい」。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報