東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・神奈川】

<熱球譜>笑顔大切に逆境はねのける 平塚学園・3年 森谷淳主将

写真

 球場は異様な空気だった。急に不調になった桐光学園のエースを励ます叫び声と、自分の適時打を期待する「森谷」コールがスタンドから響いていた。3−4、2死一、三塁で回ってきた5打席目は、長打を放てば逆転できる好機。重圧のかかる状況だった。

 それまでの4打席で、相手投手の球は「見切っていた」。2打席目は四球を選び、3、4打席は直球に的を絞って単打を放った。だが、5打席目は相手の決め球・縦のスライダーに手を出してしまい、中飛に倒れた。「平常心を保てなかったんだと思う」

 強豪校で野球をしたいと平塚学園を選び、一年からスタメン出場している。しかし、2年前は3回戦で敗退。「自分たちは弱いんだ」と思い知らされた。強くなるために、まずは「雰囲気からナンバーワンになろう」と決め、仲間の喜びを分かち合い、苦しい状況でも笑顔でいることをチームの目標にした。

 笑顔を大切にするチームは、数々の逆境をはねのけ、10年ぶりに準決勝進出を果たした。甲子園には届かなかったが、「土壇場での粘りで負けた。実力で劣っていたとは思わない」と語るほど、強豪校を復活させた自信に満ちていた。「気迫をもっと身に付けて、来年こそは甲子園に行って」と、後輩にバトンをつないだ。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報