東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・神奈川】

<熱球譜>「失敗から学んで」雪辱託す 桐蔭学園・3年 森川大樹捕手

写真

 「絶対的エース」がいないなかで「激戦区・神奈川」を勝ち抜くためには「総力戦で臨むしかない」。5人の投手を使い分けるには、捕手のリードが生命線。巧みな戦術で決勝まで導いたが、昨年も準決勝で惜敗した宿敵・桐光学園には「配球を読まれていた」。

 一年秋から正捕手で、昨年の大会にも出場。今年は大会直前、自打球で左膝の半月板を骨折した。「絶対に試合には出たい」とすぐに手術し、けがを押して出場を決めた。

 最後の夏に賭ける思いは違う。昨年までは「自分勝手な捕手だった」。打たれるのは投手の制球のせいと決めつけ、「配球が悪い」と怒る土屋恵三郎監督に反発していた。

 最終学年、「エース不在」の状況になって初めて「監督の言葉が理解できた」。「投手の気持ちを考えてリードしないと、良い球を投げてもらえない」と悟り、投手とのコミュニケーションを大切にした。

 投手と呼吸を合わせ、ミットを構える−。最後の年で「捕手としての姿勢」を身につけた。この日も、投手が焦った表情を見せれば、「おまえの直球なら抑えられる。ミット目がけて全力でこい」と鼓舞した。

 だが、「もう少し自分が冷静になっていれば」との反省もある。配球が読まれていると分かっていても、決め球を要求してしまった。

 「なぜ甲子園に行けなかったか、見ていた後輩は分かると思う。自分の失敗から学んでほしい」と後輩に雪辱を託した。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

PR情報