東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・埼玉】

<ヒーロー>2年生4番、意地の決定打 浦和学院 山根佑太選手

ダメ押しの2点適時二塁打を放ち、ガッツポーズする山根選手

写真

 1点を追加し、2点リードで迎えた七回2死二塁、なお追加点のチャンス。3番佐藤拓也投手(三年)が敬遠され、打席に入った。「敬遠は予想どおり。4番の自分が打ってやる」。初球、狙っていた内角の直球を捉え、粘る相手を大きく突き放す決定打となった。

 春の選抜大会では、5番が定位置だった。得意の打撃で結果を求めるあまり、バットが思うように振れなくなったこともあった。打撃に加え、走塁や守備も磨き、今大会は初戦から4番に起用された。準決勝では5番に下がったが、2安打を放ってアピールし、大一番で再び戻ってきた。

 六回まで無安打。チームも一回に先制した後は波に乗り切れずにいた。七回に入る前、森士監督の一言がチームの空気を変えた。「チャンスで振りに行け」。直後、指揮官の熱に応えるように殊勲打を放った。

 「大事な試合で4番に使ってもらった。チームに貢献できる仕事がしたかった」

 熱戦の舞台は甲子園へ。春の選抜ではベスト8に終わり、狙うは優勝しかない。「自分の持ち味は打撃。初球からフルスイングしたい」。汗と土にまみれた二年生の4番の横顔が、頼もしく輝いていた。 

  (増田紗苗)

 

この記事を印刷する

PR情報