東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・栃木】

<熱球譜>連日の特訓、同点打に結実 宇都宮清陵3年 松本昌也選手

努力の末、イメージ通りの打撃に到達した松本選手

写真

 「肩を開かず、センターからライト方向へ」。1点差に迫った七回1死一塁で入った打席。大事な場面で、自分の原点に立ち返った。

 真ん中寄りの4球目をフルスイングすると、打球は右方向へ。身長177センチ、体重94キロの体格を生かし、差し込まれながらも、パワーでおっつけた。

 高校入学当初から、バットを振り出す際に体が開くくせがあった。外角を突かれると、バットの先に当たってしまう。力はあるのに、打球が遠くまで飛ばなかった。

 昨夏の大会が終わり、自分たちの代がスタートした直後、ささやかな特訓を始めた。チーム練習が終わり、自宅で夕食を済ませた後、バットを振る。わずか30分ほどだったが、1年間毎日、こつこつと。車庫の窓ガラスに映った自分の肩を、一振り一振り確認した。

 その努力が結実した一打は、右翼手の頭を越える同点二塁打に。イメージ通りのバッティングだった。

 試合はその後、相手に勝ち越され惜敗。悔し涙で潤んだ目で、名残惜しそうに手のひらを見つめた。雨の日も、冬の寒い日も続けた30分。分厚く盛り上がったまめが、これまでの頑張りをたたえてくれているような気がした。 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報