東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・千葉】

<熱球譜>注目の逸材 記憶に残る夏 習志野3年 松山大志投手

写真

 「自分の夏が終わった」。プロも注目するエースで4番は、心の中で思わずそうつぶやいた。九回裏一打同点の好機。ネクストバッターズサークルで次の打席を待つ間に、試合は終わった。

 一年のときに甲子園で4番を打って8強入り。「自分で行ったのではなく連れていってもらった。今度は自分が強くなり、チームを甲子園に連れて行く」と、決勝まできた。

 この日は二回から登板して四回に木更津総合打線につかまり、逆転を許した。「ふがいない。もっと粘れていれば」と唇をかむ。

 右の強打者で知られるが、快音も響かなかった。二回には3点を加え、なおも1死一、二塁の好機に打順を迎えたが、併殺に倒れた。「あの場面、もう2点はほしかった」。

 試合後の表彰式で、首にかけられた銀メダルを一度は外した。「悔しくてつけたくなくなって」と言う。

 相手校の校歌が終わって監督やコーチの顔を見た時、練習や励ましを思い出し、無意識に涙がほおを伝った。夢はついえたが、みんなで力を合わせてプレーした記憶が残る夏となった。(村上一樹)

 

この記事を印刷する

PR情報