東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・茨城】

<熱球譜>亡き監督へ自信の投球 永井恭平選手(水城3年)

写真

 負けん気の強さが裏目に出た−。

 先制しての二回裏。同点とされ、さらに走者二人を背負って吉成祐輔選手(三年)を迎える。内角の直球を狙い打ちされ、飛球は左翼フェンスの向こうへ消えていった。

 「厳しいコースを突けば打たれないと思い、安易に攻めてしまった」。悔やんだが、すぐに切り替えた。「あの一発で、いつもの投球を取り戻せた」。三回以降はチェンジアップが低めに決まり、常総学院に長打を許さない。

 相手は中学時代からよく知り、県選抜チームでともに戦った選手たち。小中学生のころからバッテリーを組む鈴木貴大捕手(三年)の強気のリードにも支えられ、「打ちそうな打者はいない」と自信があった。

 「このチームは永井のチームだ。おまえの背中を見せろ」。昨夏の決勝で常総学院に敗れて新チームが発足した一年前、今は亡き名将橋本実前監督に掛けられた言葉だ。それ以来「自分が引っ張らないと」とナインを鼓舞し続けてきた。

 「成長した姿を橋本監督に見せられたと思う」。試合後の表情はすがすがしく充実感に満ちていた。(妹尾聡太)

 

この記事を印刷する

PR情報