東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・茨城】

<熱球譜>霞ケ浦痛恨の終盤 夢切符またも届かず 霞ケ浦(3年)片野凌斗投手

写真

 打球がフェンスの向こうに消えたのが分かると、ひざから力なく崩れ落ちた。仲間に抱きかかえられるまで立ち上がれなかった。

 九回裏2死一塁。外寄りを狙った直球が真ん中高めに入った。「甘かった」。二年前のようなシーンの再現で、またしても甲子園への道は閉ざされた。

 同点に追いつかれた八回途中から三番手でマウンドに上がった。二番手の市毛孝宗投手から「任せた」と託されて、自分に言い聞かせた。「絶対に点はやらない」。丁寧にコースを突いて、後続は断ち切った。

 だが、九回にサヨナラ負けの悲劇が待っていた。

 入学した当初から主力だった。一年生の夏は決勝で先発し、4イニングを投げている。あの時のチームは九回2死までリードを保ちながら、逆転サヨナラ負け。「勝負どころで甘くなっては駄目だと分かっていたのに」。二年前はベンチで、今年はマウンドで。わずかに頂点に届かない、同じ悔しさを味わった。

 二年間で変わったこともある。「一年生の時は好き勝手投げていただけ。今年は仲間の思いを背負って投げられた」。その分だけ多くの涙が流れた。(永山陽平)

 

この記事を印刷する

PR情報