東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・西東京】

早実、国士舘などベスト8

 第95回全国高校野球選手権大会(2013)は21日、東東京大会の準々決勝2試合、西東京大会の5回戦4試合が行われた。東は、修徳、二松学舎大付がベスト4に進出。西もベスト8が出そろった。

 東は、前の試合で第1シードの帝京を倒した修徳が錦城学園にコールド勝ち。二松学舎大付の主戦大貫純投手は、テンポのいい投球で都立城東打線を零封した。

 西は、都立大泉の2投手が、シード校創価を6安打2失点に抑えたが、打線にあと1本が出ず、涙をのんだ。東海大菅生は五回に集中打で6点を挙げ、都立永山を逆転した。早実は3併殺を奪う堅守で東農大一を下した。昨夏東大会で準優勝し、西に移動してきた国士舘は、好機に着実に得点し、拓大一を破った。

 

この記事を印刷する

PR情報