東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・西東京】

<熱球譜>貫いた背番号1の意地 早実3年・二山陽平投手

1回裏、国士舘の津島選手の右前二塁打で先制を許し、帽子に手をやる早実の二山投手=神宮球場で

写真

 まさかの初回3失点。「立ち上がりで自分のテンポをつかめなかった」。王貞治、荒木大輔、そして斎藤佑樹−。伝統ある早実の背番号1を背負った二山陽平投手は唇をかんだ。

 一回裏、国士舘の1、2番に連打され、4番津島駿平選手に2塁打を浴びる。あっという間に2点を奪われた。味方の守備の乱れでさらに1点を失う。四回裏にも2死二、三塁のピンチで津島選手に打順が回る。「勝ち上がる上で、エース対4番の戦いは外せない。勝てなきゃエースじゃない」。チェンジアップに気合を込める。だが、センター後方に運ばれた。

 対4番を意識するのには、訳がある。今春のセンバツ、仙台育英(宮城県)戦。八回表に同点とされ、さらに2死二、三塁で相手の主砲上林誠知選手に得意の外角直球をはじき返され、敗れた。

 「夏こそ空振り三振を奪う」。グラウンドそばの坂道ダッシュの本数を2倍に増やしてスタミナをつけ、直球に磨きをかけた。甲子園での再勝負に備えてきた。

 しかし、四回5失点で無念の降板。味方打線は1点差に迫る粘りを見せたものの、ひっくり返せなかった。

 センバツ出場をかけた昨秋の都大会は、腰痛のため中継ぎに徹した。「夏こそ自分が、と思っていた。全然やりきれていない」

 来春、早大に進む。この先の野球人生で、悔しさを必ず晴らすと誓う。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報