東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・西東京】

<熱球譜>粘って粘ってここまで来た 国士舘3年 津島駿平投手

日野−国士舘 4回から登板し力投する国士舘の津島投手=神宮球場で

写真

 一球ごとに観客席がざわめく。延長十回表、1死満塁のピンチ。打席には九回に中前にはじき返された一年生。国士舘の2番手津島駿平投手は、何度もマウンドを外し、ロージンバッグに手をやった。フルカウントから一番自信のある直球を全力で投げたが、打球は右中間へ。勝ち越しを許してしまった。

 主戦の真下健太投手が先発し、後半で一塁手の自分と入れ替わるのが勝ちパターン。準々決勝の早実戦も、真下−津島−真下のリレーで逃げ切った。決勝進出をかけた日野戦。3点負けている四回途中で、早くもマウンドに。その裏の打順で真下投手に代打が送られ、味方の反撃まで耐えしのぐ重責を一身に負うことになった。

 投手一筋だったが、打撃力を買われ、昨秋から一塁手兼控え投手を務める。この日も4番打者として八回、中越えの適時二塁打を放ち、自らもホームを踏んで、勝利まであと一歩に迫った。

 マウンドでも打席でも、相手より勝ちたい気持ちを前面に出し、気合でねじ伏せてきた。「でも今日は相手が上回った。自分が情けないです」

 地区割り変更で、東大会から西大会に転じた今夏。準優勝した昨年と同様、新天地でもノーシードからの快進撃だった。「初戦で日大二に4−3で勝って、みんなが一つになり、粘って粘ってここまで来られた」。この試合も都立の強豪、日野を最後に苦しめた。

 「あと二つ、勝ちたかった」。チームメートが号泣するベンチ裏で自らも帽子で顔を覆ったまま言葉をしぼり出した。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報