東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・栃木】

準決勝 甲子園かけ きょう激突

白?大足利−青藍泰斗2回裏青藍泰斗1死三塁、内田将吾選手が犠飛で生還し3点目を挙げる=いずれも宇都宮市の清原球場で

写真

 第95回全国高校野球選手権栃木大会は12日目の二十七日、清原球場で準決勝2試合があった。作新学院は接戦をものにし、1−0で佐野日大に勝利。青藍泰斗は延長十回、4−3で白?大足利にサヨナラ勝ちした。決勝は作新と青藍泰斗の対戦となり、二十八日午前十時から清原球場で行われる予定。

 作新は四回、重盗で1死二、三塁と好機を演出。主砲の中村幸一郎選手(二年)がすかさず左翼に適時打を放ち、貴重な1点を挙げた。佐野日大は要所を抑えられ、6安打と打線が振るわずに終わった。

 青藍泰斗は九回、3−3と追いつかれて延長戦に突入。しかし、十回に訪れた2死満塁のチャンスで宇賀神修監督の采配が功を奏し、代打に立った小松俊哉選手(三年)が右越え適時打を放ち勝負を決めた。

 

この記事を印刷する

PR情報