東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 95回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第95回全国高校野球選手権大会(2013)・栃木】

<ヒーロー>1年生打者 優勝ロード切り開く 作新学院・添田真海選手(1年)

写真

 3連覇への道を切り開いたのは、甲子園で活躍していた先輩たちに憧れて入学した一年生だった。1点を追う九回2死で回ってきた打席は、相手校の声援がひときわ大きく響いていた。

 走者は二塁。絶対に返す。その一心で、内角に食い込むスライダーを振り抜いた=写真。左翼に運んだ意地の一振りは待望の同点打となり、逆転への流れを一気に引き寄せた。「気持ちで持っていった。うれしくてしょうがなかった」

 大舞台にも物おじしない勝負強さは、中学校時代の経験が生きている。栃木下野リトルシニアに所属し、二、三年時に関東大会を連覇、三年時には日本代表にも選ばれた。

 そんな野球少年をテレビにくぎ付けにしたのが、過去2年、連続で夏の甲子園に出場していた作新学院の躍動感あふれる野球だった。「打てて守れる。自分もこのチームで野球をしたいと思った」

 入学後は、その先輩たちと同じグラウンドで練習に打ち込んできた。「自分のレベルはまだ低い。でも、甲子園では思い切りプレーし、『守り勝つ』という自分たちの野球をしたい」。すっかり作新ナインの一員となった16歳は、さらなる夢舞台での飛躍を思い描く。 (内田淳二)

 

この記事を印刷する

PR情報