東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・群馬】

樹徳、桐生一が8強

 第96回全国高校野球選手権群馬大会は二十一日、前橋市の上毛新聞敷島球場など2会場で4回戦計4試合があった。樹徳や桐生第一などいずれもシード校が順当に勝利を収め、ベスト8に進んだ。

 二十二日は2会場で4回戦計4試合が行われ、8校が残りの8強入りを目指す。中央中等は勝てば初の8強入りとなる。 (伊藤弘喜)

 

この記事を印刷する

PR情報