東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・神奈川】

<熱球譜>けが越え 信頼のリード 横浜3年・高井大地捕手

写真

 スタンドを埋め尽くした観客の視線が、一斉に注がれる。1点を返したあと、九回2死満塁で打席に立った。「みんながつないでくれた」。直球を捉え、一塁に駆け込む。グラウンドに響くのは、相手の喜ぶ声だった。涙が止まらなかった。

 一年生の時からエース伊藤将司投手(三年)とバッテリーを組み、昨夏の県大会優勝チームを支えた。「高井なら安心して投げられる」と、伊藤投手が配球に首を振ることはほとんどない。この日の投球にも手応えを感じていた。「僕がもっと良い配球をしたら、打たれなかったのに」。六回までに3点のリードを許し、最後まで追いつけなかった。

 この1年間けがと戦ってきた。昨夏の甲子園大会の前橋育英戦で右肩をけがして手術し、今春の選抜大会の先発から外れた。それでも、代わりのメンバーに伊藤投手の特徴を伝える役目に徹した。だからこそ、今夏に懸ける思いは強かった。

 メンバーは昨夏、昨秋、今春と県大会で負けなしだった。松崎健造主将(三年)は「苦しみを乗り越えて、成長できた」と振り返る。渡辺元智監督は「経験豊富だが、甘さがあった」と話した。

 日本一になるため、名門チームにやってきた。「横浜でもっと勝ちたかった。みんなともっと戦いたかった」。悔やむ言葉は尽きない。 (杉原麻央)

 

この記事を印刷する

PR情報